11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
: << >>

This Category : これ観た

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満島ひかり2作

2011.09.12 *Mon*
ここしばらく、『勝手に一人で邦画祭り』開催中デス。

ドラマ『それでも、生きてゆく』で大注目の満島ひかりさんの他の作品が観てみたくて、2本。



『川の底からこんにちは』

kawasoko.jpg


いやはや。面白かったっすー!!


「私はしょせん、中の下の人間ですから」

「だから、がんばるしかないんすよ」



会社の不景気も、地球の温暖化も、男に振られるのも、何でも

「でも、しょうがないですよね・・・」で流してる無気力OLが

病気の父の代わりに、突然シジミのパック詰め工場を任されるハメとなるが

パートのおばちゃん達に冷たくされるは、ナサケナイ男にまで裏切られるはで、散々。

でも、突然ヤケクソになって開き直り、上の台詞。 


朝礼の時、白い作業服で、前のめりになって歌う『木村水産 社歌』がステキ過ぎ。

『♪ くるなら きてみろ 大不況  そのときゃ 政府を 倒すまで ♪』  最高です。


登場人物が、もう、嫌になっちゃう位『中の下』な人たちで、ブラボーでした。

色々情けなくって、やっぱり皆ずーっと、とことん『中の下』なんだろーな、とは思いつつ

それでも何だかラストは希望が感じられちゃう不思議。







『愛のむきだし』

mukidashi.jpg


これ、4時間ですよ・・・。 長過ぎるでしょー。

でも、最後まで観ちゃったって事は、飽きなかったって事デスね。

すごく深いメッセージがある様な、たいした事言ってない様な・・・

これまた、出てくる人が皆、強烈。 強烈過ぎて、観ててグッタリ。

むきだしちゃってます。愛を。




で。

やっぱり益々気になる女優さんです。満島ひかり。

すごく人気が出て、アイドル扱いされて普通になっちゃうか、個性派女優として確立するか・・・


これからも、ちょっと変わった路線の作品に出続けて欲しいものです。





スポンサーサイト

十三人の刺客

2011.09.07 *Wed*
13assassin500.jpg


噂には聞いていて、ずっと観たいと思っていたコレ観ました。

すっごく面白かった!!!


でも時代劇って見慣れてないせいもあって、台詞が時々難しい。

邦画なのに、英語の字幕に助けられるって一体・・・・




まぁ、内容的にはどうって事ないけれど

とにかく、『斬って 斬って 斬りまくる』 映画。



豪華キャストが、ガンガン斬りまくって行く中

一番惹きつけられたのは、 松方弘樹の殺陣!


すごい、すごいよー。

『元気が出るテレビ』で、笑い泣きしてる姿とは大違い。・・・って、例え古すぎ?

いやー。かっこよかった。

伊原剛志の二刀流も!さすが、元JACだね。



それに、吾郎ちゃん。 意外にもハマリ役だねぇ。残忍な殿。 

アイドル(だよね?)がこんな役やっていいのかって位のキレっぷり。 見直したわぁ(何故か上から目線ですが)。

徹底的に嫌な奴で、何だか嬉しくなっちゃった。何でだか。


時間の関係か、十三人の内、主だった数人以外についてのエピソードが浅く

というか、ほとんど描かれていたかったのが残念。

ほとんど名前と顔が一致せず

最後まで、顔すら違いがよく分からない始末。

『里見八犬伝』位ちゃんと描かれてたら、一人一人に思い入れが出て

観ててもっともっと楽しかっただろうなぁ。


・・・え?また例えが古すぎ?


それでも、内面描写の様なものを大幅に削った事で

その分、ラストの50分に及ぶ殺陣シーンが成り立った訳で

それはやっぱり見ごたえ充分、圧巻でした!




これ、映画館で観たかったなぁ。

上映されてた時、丁度日本に居たのに

友達と 『大奥』 観に行っちゃったよぅ・・・・はは・・・。バカ。自分のバカ。




img439.jpg

コレ↑ね・・・。



いや、アレはアレで美しい殿方達がてんこ盛りで、目の保養になったんだけどね♪


中島哲也監督作品

2011.08.12 *Fri*
夜な夜な、ドラマを見続けて

『仁』完結編も観終わってしまいました。

中谷美紀の野風が良かったなぁ。

綾瀬はるかも良かったけど、泣き顔がハスキー犬に似てるよね。
(どうでもいいですね)


ん?今ハマってるドラマ『それでも、生きてゆく』の瑛太と

今更ハマってた『仁』の中谷美紀・・・。


!!!


そうだそうだ。と思い出し、久しぶりに観ました。



matsu.jpg

『嫌われ松子の一生』



本も面白かったけど、あのはちゃめちゃ不幸でせつない感じが

映画でも良く出てた気がします。



でも・・・


同監督の『告白』


kokuhaku.jpg


こっちは、苦手。

本はのめりこんで一気に読めたけど

この監督独特の、ポップな感じが作品と合わない気が・・・

多用してるスローモーションも「あぁ、もういいからー」と観てて飽きちゃうし。

原作も、とことん不快になるんだけど

映画の方はストーリーだけでなく、表現の仕方にも不快になりました。

松たか子は上手いんですけどねー。


っつーか、今の中学生の学校の様子ってホントにこんな風なんですかね?

殺人だの何だのより、そっちの方がショックだった気が・・・。

デフォルメされてると思いたいー。



それにしても、原作でも映画でも、『ウェルテル』のウザさったら!!!


今と今更

2011.08.06 *Sat*
今、ハマってるドラマ。



soreiki2.jpg


いやー。役者ってすごいなーって思います。

大竹しのぶは、プロの女優だわー。彼女の演技で鳥肌がたちました。


瑛太と満島ひかりの役も、色んな暗い複雑な事情を持っていながら

どこかとぼけた所もあって、それが何だかリアル。

どことなく、『北の国から』を最初に観た時の印象と似てるかも。


また、バックに流れる辻井伸行さんのピアノの旋律が

重いテーマを優しく包んで、すごくいいんです。


あぁ・・・・次回が待ち遠しい・・・。








映画『Rio』

2011.07.18 *Mon*
L&Mっちと、映画に行きました。

上映開始時間3分前に滑り込みセーーーフ!!


だったのに。








kankodori.jpg




ガラーーーーーーン







私達と、孫2人連れたおばあちゃんの、6人で貸切状態!!!


どこでも、選びたい放題!



なーのーに。



ちゃんと指定された席に着く私たち。


結果、6人が同じ列に並んで座って観ました。他にだーれも居ないのに。




どんだけ律儀!?






観たのは、コレ。


『Rio』

Rio.jpg


面白かったー! 3Dで観るべし!








プロフィール

Mitz

Author:Mitz
『a quirk of fate』へようこそ!
私:Mitz(ミッツ)
オット:またの名を,こだわり君
長女:Lっち 2000年生まれ
次女:Mっち 2003年生まれ
猫ズ:Lui(♂)Momo(♀)



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
L&Mっち (9)
猫ズ (6)
これ観た (5)
こんなん作った (1)
インテリア (3)
(0)
お出かけ (5)
日記 (4)
イベント (2)
手作りお菓子 (1)
家 (3)



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © a quirk of fate All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。